キャンプに反対する家族を説得する方法

キャンプ

キャンプ道具ってお金掛かるので、家族(奥様)の

反対で始められないってあると思います。

キャンプを始めたいと思っているけど、始められない人の後押し(もしくは説得)として3点お話し致します。

1.キャンプ道具は「防災備品」として活用できる。

 もともと私はソロキャンプしていなかったのですが、2016年の熊本地震もあり、何か会ったときに屋外でも生活できる様な道具はあった方が良いと思っていました。(福岡に住んでいて近隣県の出来事なので、いつ何があるかわからないと不安になった。)

その時は車中泊+テント、あとポータブル電源などが必要と感じていました。

 衣食住で考えると、衣服はいつも着ているので大丈夫として、食と住は何かあったほうが良いと思っていました。簡単にいうと、食⇨野外で電気がなくても料理できる道具、住⇨テントやイスなどです。

2.キャンプをすることで「サバイバル術」を習得できる。

 ファミリーキャンプというと、お父さんが色々とやってくれてというイメージがあると思いますが、実際にキャンプに行くと、他の人(奥様、お子様)も少なからずサバイバル術を習得していると思います。家の中の炊飯器で簡単にご飯ができる訳ではなく、火を使ってメスティンでも美味しいご飯ができるなど。お子様が、一人でメスティンでご飯を炊けたりすれば、生きるためのサバイバル術を1つ習得したと言っても過言ではありません。

親としては、子供が一人で生きるためのサバイバル術を一つでも習得できたら成長を感じられ嬉しいものです。

3.キャンプによって、自然に触れることでストレス発散される。

 これは、私の持論でもあるのですが、そもそも人間は自然の中でリラックスされる生き物なんだと思っています。いつも変わらない日常の中でストレス発散と言っても、一時的なもので、人間は本能的に自然に触れることが1番のストレス解消法だと思っています。私は仕事で忙しい中でも、強引にキャンプに行って自分自身をリセットしたりしています。

 少し精神論みたいになりましたが、シンプルにいうとキャンプに行くとなんだかんだ言って、皆楽しいと感じるんだと思います。実際に家族を連れて行くと、分かってもらえるものと思います。

キャンプ道具を買うコスパの部分で考えると、防災備品として無駄にならないという点ですよね。今はキャンプブームということもあり、リセールバリューの高いキャンプ道具を買うというのも、長い目で見ると有りかもしれません。(私は新品で買って手放したものが、購入金額より高くメルカリで売れたことがあります)

コメント

タイトルとURLをコピーしました